ハマボウフウ軟化栽培とイチゴメンテナンス及びバザー準備

昨日に引き続き、はっきりとしない空模様でした。夕方になり寒気を感じるようになりました。風邪をひかないようにお互い気をつけましょう!

さて、本日は「ハマボウフウ軟化栽培」の準備を行いました。軟化栽培とは、「ハマボウフウ」の根部分を地中に残し、新芽が生えてくる葉柄(茎)を「モミガラ」で被せて伸長し、茎部を食用にしようと試みる栽培方法です。「ハマボウフウ」の栽培は埼玉県のごく一部で行われてほか、千葉県内では聞いたことがありません。参考書等もありませんので、「真紅の美鈴」の成川先生にアドバイスを頂きながら試験的に栽培しています。
写真の通り、葉茎部分を切除し、成長点を残して、その後「モミガラ」を均一に被せます。利用者さんには「モミガラ」がイチゴにかからないように慎重に作業しました。
また、職員は「ハマボウフウ」をかじりながら、どのような料理に合うか、模索しながら作業にあたりました。
この時期に珍しくハマボウフウの花が咲いていました。
e0270198_17243586.jpg

【ハマボウフウ軟化栽培作業前】
e0270198_17233139.jpg

【ハマボウフウ葉茎撤収後】
e0270198_17175528.jpg

【モミガラ被せ】
e0270198_17193516.jpg

e0270198_17195348.jpg

【ハマボウフウ軟化栽培作業後】
e0270198_1720169.jpg

【イチゴメンテナンス】
e0270198_17215662.jpg

午後のひと班は「バザー準備」室内で行いました。
e0270198_1723124.jpg



にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
ジョブファームホームページ


にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護事業へ
にほんブログ村
by jobfarm | 2015-11-10 17:07 | ハマボウフウ栽培 | Comments(0)